骨がないならどうして助けるかというと「筋肉」だ。

Standard

骨盤ヨガに行きました。

その際に教官が言ったケース。

「側にはみ出たお肉は、すぐにもとに戻りますよ!!!」

はい!!!そんなことって・・・ないでしょう・・。
長期そのお肉はどこにも行ってくれなくて耐えるのに。

でも教官の話を聞いてなるほどと思いました。

皆さんも保健室にあった体の骨の模型図形を思い出してください。

意識、首、ボディー、骨盤、下半身・・・・。

ボディーと骨盤のうちって・・背骨だけですよね?
そんなに縦に1書物の背骨だけで支えていらっしゃる。

側にはみ出たお肉は、ボディーを支えきれずに潰れたお肉が側にはみ出たように見えているとのことでした。

骨がないならどうして助けるかというと「筋肉」だ。
骨はないのにそのあたりには五臓六腑が様々!
とにかく大事にしたいのが「骨盤のセッティング」そこを正していけば五臓六腑も規則正しいセッティングにおくことができ自律心もきちんと全品が好調になって出向くということです。

人間の体は「堂々」になるため、どっかがゆがむと、他のポジションを歪ませながら堂々であろうと始めるんですって。

なので1つの事柄がゆがむとさらに崩れが生じて故障だらけになっていくんです。

骨盤と背骨のうちの腹筋。まずは縦に伸ばしながら意識することから何とか
適度に筋肉を垂らしながら、崩れを正しながら健康に過ごしていきましょう!

いわゆる骨粗しょう症だ

Standard

わたしは、乏しいころから胸が大の拒否、ひいては魚も嫌いと、正誤の多いキッズでした。

魚は大人になるにつれ採り入れるようになりましたが、胸だけはまだまだ拒否だ。

そういうわたしにアクシデントが襲ったのです。タイヤキャッチボールをしようとタイヤを運んでいると、突然の鈍い調音。来院の申し込み、腰椎プレス骨折でした。

いわゆる骨粗しょう症だ。

40勘定のわたしにとっては、考えられない病。医者にもこうした若さで骨粗しょう症にのぼるクライアントは珍ですと言われました。何らのノーマーク。

骨などさっぱり気にしたこともありませんでした。1か月日にちの必須安穏を強いられ、メンタリティを置き換えました。

栄養剤はカルシウムを大人の容積のダブルの1200mgを摂取し、理解をよくするためにビタミンDを併用。ひいては拒否の胸を摂る結果ミールに胸を入れるようにしました。また、魚に関しては缶詰にして骨まで取るようにしています。

今まで、頑強来院でも検査したこともない目に見えない骨の大切さを身をもって体験した結果、これからも骨と共々あゆむ食べ物が続いていくでしょう。