安達太良山の山開きをめぐってきました

Standard

オフィスの同士に誘われ、日本百名山の一つ安達太良山の山開きをめぐってきました。
約20年齢風の山登り、常日頃の行動不完全など危険はありましたが、たまには大当たり前を満喫するのもいいかとして侵入させてもらいました。
安達太良山の山頂を目指すにはいくつもの計画がありますが、今日はロープウエーで八合瞳をめぐってから上がるマキシマム楽な薬師岳計画で、いざ出陣。山頂まで約1チャンス30パイといった書物に書いてあったので、「徐々に登れば楽勝」と思いきや、やっぱ日々の怠惰な日々のツケが回ったのか模索。ちょいちょい、同士にブレークタイムを希望しながら、いよいよ山頂を目指しました。
幸いにも今日は絶好のおウエザーで特有もなく、また登山の途上、登ってきた通り路を振り返るとうまい眺めも堪能できたので、安全山頂に到達することができました。
山頂に付くという既に皆が集まっている当事者、山開きの祭礼が行われてあり、地元の市長ちゃんもいらして「今日は何十年齢風かの素晴らしいおウエザーのもとでの山開きになりました」って会釈していましたので、いま久しぶりの山登りに挑戦したのはとてもラッキーなことだったのですね。連れてきてくれた仲間にサンキュー。
やはり山頂からの見晴らしは優秀し、エアはうまいし、いま限定のオリジナルペナントも頂けたとして、言うことなしでした。
疲労は当然ありますし、明日は筋肉痛に悩まされるでしょうが、山登りもたまにはいいなと思いました。次は、もうちょっと長い計画に挑戦してみたいと思います。M性感風俗なび|痴女・フェチ・SM系情報サイト

残念すぎる単独カラオケの現状!

Standard

私の多い嗜好の一つが、単独カラオケだ。
輩もののカラオケもおかしいですが、ひとりでじっくり歌い積み重ねるカラオケもおかしいのです。
まず第一に、「好きな曲を歌える」事です。
友人って行ったら、「こういう曲は、物悲しいから歌ったら、気分下がるよな…」とか、「こういう曲は、一丸知らないよね…」とか、考えてしまいます。
但し、単独だと、その心痛はありません。やっぱり、一丸知らない曲だったり、気分が下がる曲を自分が思いが済むまで、何度でも歌えるのです。
次は、輩といった行くと、どうしても、自分が歌っているというのに人様で喋っていたり、ケータイいじってたり、集中が出来ません。
ですが、単独なので、静かな剰余で歌える。周囲を気にせず歌えるのは、うれしいですよ。
三つ目は、やむを得ず輩ってカラオケに行くって、おんなじ曲を何度も歌うのは躊躇われます。それに、「よく知らないけど歌いたい曲を歌って、やっぱわからくて、途中で止めてしまったら」なんて事を考えて、歌うのを止めてしまったりした事はないでしょうか。
ですが、単独ですと、おんなじ曲を何ごと歌っても、誰からも言葉は言われませんし、カラオケのレパートリーを繰り返す事も可能です。単独カラオケでレパートリーを足したら、大数でのカラオケで曲に悩む事も鎮まるかも知れませんよ。
最後に、単独カラオケには単独カラオケの、大数のカラオケには大数のカラオケの楽しみ方があります。
私は、単独カラオケが好きですが、随時出向く、大数のカラオケでわいわいするのも面白いだ。
皆さんも、自分に当てはまるカラオケを通してみてはいかがでしょうか。こちらへ