残念すぎる単独カラオケの現状!

Standard

私の多い嗜好の一つが、単独カラオケだ。
輩もののカラオケもおかしいですが、ひとりでじっくり歌い積み重ねるカラオケもおかしいのです。
まず第一に、「好きな曲を歌える」事です。
友人って行ったら、「こういう曲は、物悲しいから歌ったら、気分下がるよな…」とか、「こういう曲は、一丸知らないよね…」とか、考えてしまいます。
但し、単独だと、その心痛はありません。やっぱり、一丸知らない曲だったり、気分が下がる曲を自分が思いが済むまで、何度でも歌えるのです。
次は、輩といった行くと、どうしても、自分が歌っているというのに人様で喋っていたり、ケータイいじってたり、集中が出来ません。
ですが、単独なので、静かな剰余で歌える。周囲を気にせず歌えるのは、うれしいですよ。
三つ目は、やむを得ず輩ってカラオケに行くって、おんなじ曲を何度も歌うのは躊躇われます。それに、「よく知らないけど歌いたい曲を歌って、やっぱわからくて、途中で止めてしまったら」なんて事を考えて、歌うのを止めてしまったりした事はないでしょうか。
ですが、単独ですと、おんなじ曲を何ごと歌っても、誰からも言葉は言われませんし、カラオケのレパートリーを繰り返す事も可能です。単独カラオケでレパートリーを足したら、大数でのカラオケで曲に悩む事も鎮まるかも知れませんよ。
最後に、単独カラオケには単独カラオケの、大数のカラオケには大数のカラオケの楽しみ方があります。
私は、単独カラオケが好きですが、随時出向く、大数のカラオケでわいわいするのも面白いだ。
皆さんも、自分に当てはまるカラオケを通してみてはいかがでしょうか。こちらへ